わきがに効果がある治療方法|飲み薬や手術で治そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるわきの臭い

脇を触る女性

遺伝によって症状が発生することが多いわきがは、デオドラント商品や食生活の改善などで一時的に治すことができます。しかし、根本的に治療したい方は病院でボトックス注射を打ってもらいましょう。また手術によってさらに簡単に治すことも可能です。

もっと見る

いろいろな方法がある

照射

わきがの治療は個人でもかなり出来る事がたくさんあるので、実践すればかなりの確率で臭いを軽減出来ます。根本的な治療は病院で行うのが最善で、美容外科や形成外科で治療を受ければほぼ100パーセント完治させる事も出来ます。

もっと見る

わきの臭いには手術か薬か

笑顔の婦人

手術はリスクが心配される

わきがの治療方法には、わきがの原因であるアポクリン腺を取り除く手術から飲み薬までいろんな種類があります。わきがを根本的に治療する場合は手術が最適ですが、再発の可能性がある場合や傷口のケアも必須な場合など手術方法により注意すべき点があります。わきが治療の手術方法は、剪除法・皮下組織吸収法・皮下組織削除法・超音波吸収法が主流です。剪除法は切開してアポクリン腺を取り除くので効果は高いのですが、傷口に4〜7日ほどガーゼを当てて過ごす必要があります。皮下組織吸収法は穴を開けてカニューレという管を通し、アポクリン腺や皮脂腺などを吸い取る方法です。傷口は小さいのですが、完全なる除去が難しいので再発も考慮しておくことが大切です。皮下組織削除法は専用器具を用いて、削ぐように皮下組織を除去する方法です。傷の範囲は小さく比較的に効果も高いとされますが、医師の技術が重要なので実績を持っているクリニックに行くといいでしょう。超音波吸収法は超音波で皮下組織に熱を与え、アポクリン腺の破壊を行います。手術は治療の中でも最も効果があると思われていますが、完全に成功させるのは医師の高い技術が必要になります。

自律神経を安定させること

手術に興味があっても気が引ける人は多いので、飲むタイプや塗るタイプで対処をする方法も存在します。飲むタイプには制汗効果のあるプロバンサインと、自律神経の反応による発汗を抑える効果がある薬があります。自律神経系の発汗は緊張や気にしすぎなどが関係しているので、アポクリン腺ではなく精神的な働き掛けを目的としています。塗るタイプでは塩化アルミニウム液が有名で、市販ではオドレミンという名称で販売されています。制汗効果があり、ティッシュなどに染み込ませて使います。塩化アルミニウム液は軽度のわきがに効果的なので、数ある治療方法の中で一番最初に試されることが多いようです。わきがには発汗をするアポクリン腺が最も関係しているとされますが、発汗を促す刺激となるのは精神面だといわれています。精神的な面や自律神経を整えることでわきがが抑えられることもあるので、まずは飲むタイプを試すと良いです。ボトックス注射はアポクリン腺に働き掛けますが、精神面にも働きかけるとされています。治療と共にストレスを癒したり生活習慣の見直しをすると、手術をしなくてもわきがを改善することができると思います。

わきの臭いが気になる時は

腕を上げる人

わきがは、汗腺のひとつである、アポクリン腺から出る物質が原因で起こります。またわきがの人の場合は、耳垢やわきの毛などにも特徴があります。治療方法は手術以外にも、薬や注射などの方法がありますので、まず皮膚科を受診するようにしましょう。ただし場合によっては、自律神経失調症の発汗が原因のこともあります。

もっと見る

臭いの原因にアプローチ

ドクター

わきがの治療には外科手術が有効ですが、色々な種類がありますのでそれぞれの特色を知ることが大切です。せん除法はわきの下を5cm程切開して目視で確認しながらアポクリン腺を除去します。皮下組織吸引法は細い管でアポクリン腺等をかき出して吸引し、超音波吸引法では超音波の熱で汗腺を破壊して吸引します。

もっと見る

匂いの生じないわきに

ワキ

わきがは、わきのアポクリン腺から分泌される汗が原因となっています。そのためわきが治療は、手術でアポクリン腺を除去したり、マイクロ波でアポクリン腺を弱らせたりすることでおこなわれています。いずれの場合も、アポクリン腺からの汗が分泌しなくなるので、わきがも生じなくなります。

もっと見る

Copyright © 2016 わきがに効果がある治療方法|飲み薬や手術で治そう All Rights Reserved.