わきがに効果がある治療方法|飲み薬や手術で治そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

匂いの生じないわきに

ワキ

アポクリン腺からの汗

わきがは、わきから分泌される汗が、皮脂や雑菌と混ざることで生じる匂いです。ツンとした独特の強い匂いを発するので、自身が不快になるだけでなく、周囲の人々にも不快感を与える可能性があることから、気に病んでいる人は多くいます。皮脂や雑菌は、わきを洗ったり拭ったりするケアで、ある程度は除去できます。これによってわきがの匂いは少なくなるのですが、皮脂はすぐに再び分泌されますし、雑菌は繁殖します。そのためわきがを根本的に解消するためには、汗の分泌を止めることが肝心となります。この汗は正確には、わきの内部に存在しているアポクリン腺から分泌されます。そのためわきが治療は、アポクリン腺の機能を失わせることでおこなわれています。アポクリン腺が機能しなくなれば、わきがの原因となっている汗が分泌されなくなり、わきがも生じなくなるのです。また、わきにはアポクリン腺以外にエクリン腺も存在しているのですが、体温調節のための汗は、ここから分泌されます。この汗は治療後も分泌され続けますが、わきがほど強い匂いを発することはありません。

手術またはマイクロ波で

具体的にはわきが治療は、手術またはマイクロ波をあてることでおこなわれています。手術では、アポクリン腺がわきから物理的に除去されます。わきを大きく切開し、アポクリン腺を露出させた上で切除したり、わきを小さく切開し、そこから器具を挿入してアポクリン腺を掻き出したりするのです。いずれの場合も、アポクリン腺がなくなることで、わきがの原因となる汗も分泌されなくなります。一方マイクロ波によるわきが治療では、わきの切開はおこなわれません。わきの肌の上から、マイクロ波を当てて、その内部にあるアポクリン腺を熱するのです。マイクロ波は、水分を多く含んでいる部分に熱を与えるエネルギーです。そのため肌の上から浴びせても、肌に大きな影響を与えることなく、汗を多く含んだアポクリン腺を熱することができるのです。熱されることでアポクリン腺の機能は低下し、以後は汗を分泌しなくなります。手術で切除した場合はもちろん、マイクロ波で熱した場合も、アポクリン腺が復活することはありません。つまりこれらの治療による効果は、半永久的に持続するということです。

Copyright © 2016 わきがに効果がある治療方法|飲み薬や手術で治そう All Rights Reserved.