わきがに効果がある治療方法|飲み薬や手術で治そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

わきの臭いが気になる時は

腕を上げる人

アポクリン腺に原因あり

人には2種類の汗腺がありますが、そのひとつであるアポクリン腺から出る汗には、特有の臭いがあります。もうひとつの汗腺であるエクリン腺と比べると、鼻につんと来るような臭いがあり、一般的にわきがと呼ばれます。日本人の場合はこのわきがの人が少ないため、病気とみなされることがあります。わきがの人の場合の傾向として、まず耳垢が湿っていることが挙げられます。これは耳の中にアポクリン腺が多いためです。またわきの下の毛にも特徴があり、女性は太くしっかりしていて、男性は柔かい毛が多いのが特徴です。また肛門や乳輪などに濃い毛が生えている場合、わきの毛が白く粉を吹いたような状態の人は、やはりわきがである確率が高いです。このわきがの治療方法ですが、必ずしも手術をしなければならないということではありません。どのような症状であるかによって、治療方法もまた違ってくるからです。もちろん、中には手術が必要なものもありますが、薬や注射で治す方法もありますので、まず病院で相談してみるようにしましょう。病院は、皮膚科を受診するのがお勧めです。

症状によって違う治し方

まず軽度のわきがは薬で治せます。塩化アルミニウム液を患部に塗る、または臭化プロバンサインなどの薬を服用するという治療方法が採られます。臭化プロバンサインの場合は、主に汗を抑える効果がありますが、尿が少なくなるなどの副作用があるため、期間を限定しての処方となります。そして中度のわきがは、ボトックス注射で汗の量を抑える、あるいは電気針によって、わきの毛を脱毛し、アポクリン腺と皮脂腺を破壊する方法のいずれかとなります。またそれより重度の場合は手術となります。手術はわきの下を切開して、アポクリン腺を取り除く方法、わきの下に穴を開けて管を通し、アポクリン腺やエクリン線を取り出す方法や、超音波を用いる方法もあります。その他に、皮下組織をそのまま除去する治療方法もあります。その他に、自律神経失調症などによる発汗で、わきががひどくなることもあります。この場合は精神的なものなので、抗不安剤などで発汗を抑えるようにしますが、依存度が高くなることがありますので、必ず医師の注意を守るようにしましょう。この場合は診療科は、皮膚科ではなく心療内科となります。

Copyright © 2016 わきがに効果がある治療方法|飲み薬や手術で治そう All Rights Reserved.